アラフォー独身男の生活

日々の生活の中で考えたこと、気になった商品などについて。

減塩食をつづけるコツについて

time 2019/03/08

私はかなり若い年齢のころから、減塩食を摂るように指示されています。

正直いって、かなり不便で物足りない毎日です。
だいぶ慣れはしましたが、いまでもやっぱり、物足りないと感じる場面も多いです。

でも、大学生~社会人になりたての頃は食生活をおろそかにしていたし、両親とも高血圧な家計なので、「まぁしょうがないかな」とも思っていますけど。

ネットで減塩食のことを調べると、
「つづけていく自信がない……続けるコツは?」
みたいな悩みを持っている方も多いみたいですね。

私が今までの減塩食生活の中で思ったのは、
「日本食は塩分が多くなりがち」
「日本食で減塩を意識すると、満足するのは難しい」
ということです。

日本食はどうしても、しょっぱめに仕上げないと、満足しにくいです。
唐辛子などを大量に入れれば、少しはマシになりますが……。

その点、手作りのイタリア料理やパエリアなんかは、塩分をかなり控えめにしても満足度が高いです。

トマトやオリーブオイルがよい出汁になりますし、スパイスもいいアクセントになります。
どうしても物足りないときは、ごくごく少量の塩かチーズでOKです。

パエリアも、魚介のだしが濃厚なので、塩は不要です。
(もともと塩分が多い食材の場合は、塩抜きが必要ですけど)

でも一番手っ取り早いのは、減塩食の宅配を利用することだと思います。

いちいち考えたり食材を揃えたりしなくていいし、料理の手間も省けます。
それなのに、塩分がしっかり計算されていて、味も素人の料理とは比べ物にならないくらい満足度が高いです。

もちろん、減塩食の宅配にもデメリットはあります。
費用がかかると、冷凍庫を圧迫するとか、受け取るのが手間(食べ物なので宅配BOXでの受け取りNGです)とか。

でも、作る手間と不満足から解放されることを考えれば、選択肢としてはおおいに”アリ”だと思います。

減塩食の宅配サービスいろいろありますが、
こちらのサイトで人気の減塩食宅配が紹介されているので、参考になると思います。

アーカイブ

カテゴリー